楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!
グルメ取寄せツアー

スイーツ

スイートオーケストラ

「これってどんな味がするんだろう?」
甘いものが好きな方なら、まずはその見た目に惹かれるんじゃないでしょうか。

3層になってるのに、お気づきになりましたか?今回ご紹介する生(レア)ケーキ、「スイートオーケストラ」はとても充実したケーキなんです。

ひとつひとつに分けて食べても、特徴があって美味しい特別な一層が、ピッタリ三層になっています!

一層だけでも美味しいのに、三層だと何倍も美味しい!
「スイートオーケストラ」は、三層もあるのになぜか、必要以上に甘ったるくもなく、どんどん次が欲しくなります。噛むという感覚ではなく、”すぅ〜っ”と溶けていく感覚を味わえるのです。 それも、やはり各素材のバランスが良いからだと思います。

まず、一番上のホイップクリームの部分がフワフワ〜ッとして全体を包む感じがします。このホイップクリームの口の中ですぅ〜っと溶けていく感じが「スイートオーケストラ」全体の口当たりをとてもなめらかなものにしてくれています。

二層目・三層目の部分もトロ〜ッとしていて、ホイップクリームと口の中で混ざって、ちょうどよい感じになるのです。

この「スイートオーケストラ」は、とにかく全体的に、スプーンですくって食べるくらいにやわらかくて、普通のケーキをイメージしていたらびっくりの美味しさです。 

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。



タグ:スイーツ

海の幸

販売終了いたしました。 たくさんのご注文ありがとうございました!

固定ファンが毎年増加する大人気の「梶内さんの生いくら」を冷凍して鮮度と旨みをぎっちり閉じ込めた
「梶内さんのいくら」いよいよ発売!

累計販売数2300パック突破の大好評の逸品です!
いくらの原料はもちろん鮭の卵。
一般的にいくらは9月中旬〜10月中下旬の鮭の卵を原料にします。

しかし、職人梶内さんはさらに「旬の中の旬」の時期にこだわって作ります。

梶内さんいわく「時期が 早すぎれば卵の皮が柔らかすぎてコクがない時期が遅すぎれば卵の皮が硬くて後に残り、味も少し抜けている。
皮が柔らかすぎず硬すぎず、味がのっている最高の時期というのは、本当に短いんだよ」。

この期間に集中して、「最高の素材」で「究極のいくら」が作られました!

それが今回発売の「梶内さんのいくら」!

いくらが本当においしい時期はとても短いですが、
その最高の時期のいくらの旨みをギュッと封じ込めました。

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックしてください。


タグ:海の幸

ラーメン

桑名

ラーメンの本場札幌では、ご存知方も多いかと思いますが
ラーメン店が本当にたくさんあります!

札幌市内だけでもラーメン店は1000店以上あるといわれ、街のあちこちに「ラーメン」の看板を見ることができ、ラーメン店が集まっているエリアがいくつもあります。

「どこのラーメン店に行こうかな」と悩む人や、 「おいしいと言われるラーメンを食べたい!」 という人のために、ラーメン店の人気ランキングを特集する本や雑誌も頻繁に出版されています!

この数あるラーメン店の中で、ラーメンランキングに常連のように登場するラーメン店、それが「桑名(くわな)」さんです!

ラーメン通はもちろん知っている「桑名」さんですので、「ラーメン食べに行こうか」という話題になると、必ずと言って良いほど
「桑名」さんの名前があがります。行列に並んでも食べたい「桑名」さん、口コミで、さらに人気を上げ続けているラーメン店です。

今回ご紹介する「桑名」さんのとんこつラーメンです!

「黒いとんこつ!!」なんです。

とんこつラーメンというと、白いスープを思い浮かべるかと思いますが、このとんこつラーメン、第一印象が「黒い!」。黒いのは白いスープに浮いている黒い油。これが、見かけだけではなく香りも味も特別な「桑名」さんのとんこつラーメンの魅力のひとつなんです!

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。



タグ:ラーメン

ラーメン

味の三平

お客様の注文により、店で出していた豚汁に麺を入れたことがヒントとなり約7年もの歳月をかけて、創業者である先代の大宮守人さんが初めての「札幌味噌ラーメン」を世に送り出しました。

「札幌味噌ラーメン発祥の店」。それが、名店中の名店「味の三平」さんであり、そのラーメンの中に札幌味噌ラーメンの原点があります。

もちろん、地元の方だけではなく、全国から詰めかける、ラーメン通の方々がお店の前で記念写真を撮っていくほど知れわたっています。

その味に貫禄と威厳すら兼ね備えたラーメンはそうそうあるものではない〜

今回ご紹介する「味の三平ラーメンセット」は、「西山ラーメン」で有名な西山製麺さんが名店「味の三平」のラーメンの味を、
ご家庭用にやっと再現させた逸品なのです。

この西山製麺さんでさえ、この「味の三平ラーメン」を完成させるまでに、なんと5年もかかってやっと、「味の三平」店主、大宮さんにOKをもらったのです。

この「味の三平ラーメンセット」には、大宮さんの「妥協のない味への追及」がしっかりと備わっているのです。

「麺はコシが命である」というのを存分に味わえる麺です。

この麺は「味の三平」オリジナル仕様のもので、着色料をいっさい使っておりません。

コシがしっかりとあり、 尚且つ麺の自然な味を味わえ、なんだか懐かしくすらあります。

見た目の特徴としては、 卵黄を使用せず、卵白を使用しているので札幌ラーメン特有の黄色ではなく、小麦色の自然な色合いに気づかれると思います。

ずるずるっと麺を一口すすった瞬間からのどに入り込むまでまさに一直線、そのコシのある歯ごたえ、ノドゴシは麺自体の味わいが豊かであるからこそ、生きてくる。 そういう感触です。

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。



タグ:ラーメン

ラーメン

らーめんてつや

もし、並ぶ事なくすぐ着席が出来たら
その日は『ツイてる』と思ってください。!!(日々、行列が絶えません)

某有名情報誌の人気投票で第1位になった!さらに地元タウン誌でも堂々の1位!

ラーメンの激戦区・札幌でわずか3年の間に4店舗構えた実力派
(現在は札幌市内に5店舗)

札幌の20代・30代に知らない人はほぼいないという超人気店
『らーめんてつや』は1997年に誕生しました。
開店当初は繁盛していましたが日が経つにつれ客足は遠のき一日20食・10食・・・と数が減ってきました。

『もうだめかもしれない』と思ったその時『そうだ。あの味を出して最後にしよう』と決心をしました。 頭の片隅にあったあの味・・・試作を重ねて完成させたのが今日の味です。

現在の『らーめんてつや』は現在札幌市内に5店舗を構える超繁盛店にまでのぼりつめました。

マスコミ・雑誌では常に上位にランクインしている『らーめんてつや』。その噂を聞きつけ毎日、客足が絶えません。

その味わいはスープによく絡むしっかりとしたコシのある太めのちぢれ麺を使用して麺+スープの絶妙なハーモニーを奏でています。

スープは素材にこだわり、手間ひまかけて作り出しました。

豚骨正油味は豚骨らしく、力強いしっかりとした味に仕上がっています。

さらに太めのちぢれ麺との相性がバツグンによく喉ごしがたまりません。

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。




タグ:ラーメン

ラーメン

らーめん山頭火

ただひたすら食べても飽きないと言われる程の完成度の高いラーメン。

国内外の店ほとんどが、ほぼ毎日満席という繁盛ぶり。
(国内・海外を合わせて50店舗以上)

『塩』と言えば『山頭火』と呼ばれるほどの実力店!

『らーめん山頭火』は、1988年北海道旭川市で誕生し、北海道内はもちろん、今や首都圏を中心に国内外で人気店として営業しています。『らーめん山頭火』の基本は色白スープ。じっくりと丹精込めて旨味が出ているスープには野菜の持ち味と干魚の味が強く出されています。

また豚骨ベースのスープには風味満点なすりゴマも入っています。
そして少し芯を残す独特の茹で方の色白の食べやすい麺。
これが旭川ラーメンの原点なのです。この独特の麺と色白の豚骨ベースのスープ。文句なしによく絡み合っています。

しお味は野菜の持ち味と干魚の力強さが感じられこくがあるのにあっさりとしたスープは何杯でもいける感じがします。
これこそが『らーめん山頭火』の基本なのです。

しょうゆ味は時間を惜しまず丹念に作り上げられたスープのせいか
まろやかささえ感じられます。

またすりゴマの香ばしさの中にまでほのかな甘さがあります。

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。



タグ:ラーメン

ラーメン

さっぽろ純連

ラーメン店が集中する札幌に30年余りに渡って営業している本物の中の『本物』ラーメン屋。

地元常連客はもちろんの事、立地条件が中心部から離れている為
観光客はタクシーを利用してまで足を運ぶ店。

厨房へ部外者立ち入り禁止の中、特別に許可され試行錯誤の上作り上げられた「さっぽろ純連4人前セット」 の登場です!

『さっぽろ純連』は昭和39年に札幌で誕生しました。
当時はあっさり系スープが主流のなか、『さっぽろ純連』は濃厚な味わいを追求しました。

その味わいは極めて濃厚。当時としてはかなり斬新的な味で多くの人々へ影響を与えました。また当時はラーメン1杯あたり約75円ほどだったのですが『さっぽろ純連』は100円で提供。

その100円という価格にはこだわりと自信がありました。

現在も札幌中心地から離れた場所に店を構えているのにも関わらず、地元の常連客はもとより、観光客も多く店は賑わいをみせています。(タクシーに乗って訪れる観光客も!)

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。


タグ:ラーメン

ラーメン

西山艶ラーメンセット

ご紹介する「西山艶ラーメンセット」は、あのどっちの料理ショーに4回も厳選素材を提供した西山製麺がプロデュースする
サッポロラーメンです。今までの定番のサッポロラーメンとは、見た目から違い、進化し続ける札幌ラーメンの最高傑作です。

艶ラーメンには、金艶(きんつや)味噌・黒艶(くろつや)醤油・煌艶(きらつや)塩の3タイプの味をご用意。 それぞれに、特徴があり、どれをとっても『うまい!』の一言。

縮れ麺のつやがまったく違います。つやというより、輝いております。

もちろん、ここまでが見た目のお話です。食べた時は、麺の弾力性といい、コシが抜群に良く麺にスープが絡み付いています。
もう、麺の色がスープの色に見えるくらい違います!

金色に輝くスープに、旨みがぎゅ〜っと閉じ込められています。
札幌ラーメンの代表格ともいえる味噌。
厳選された赤味噌・白味噌に7種類の香辛料がうまくブレンドされています。こってりだけど、くどくない!
気になるお味は、香りも良く、コクがあり、ほのかに甘みがあります。こってりな仕上がりになっているが、くどくなく、飲み出したら止まらなくなるスープです。
最後の一滴まで飲み干してください。

真っ黒なスープが麺に絡みついています!
見た目で圧倒されるような、真っ黒なスープ。
しかし、良く見ると澄んでいるではないですか。
さらに、表面には特製のラードが効いていて、その中から縮れ麺をすくうとスープが絡みついています。これを口にしたら『もう、感動もんです♪』食べるとさらにビックリ!!
見た目の濃さとは違い、醤油の風味も良く、スパイスのバランスが程よく、マイルドな仕上がりになっています。
みなさんも、絶対にビックリすると思います。

塩の結晶をイメージしたという、この輝き!!
『えっ、塩ラーメンって、こんなに美味しいの?』と、オドロキの連発です。塩ラーメンというのは、味付けがシンプルなため誤魔化しがききません。見てもお分かりのように、素材の持つ味を最大限に引き出したピュアな塩ラーメンです。
塩なのに角が立っていない!塩でありながら角を立てず、
コクがありながら、こってりせず、サッポロラーメン本流の塩。

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。




タグ:ラーメン

ラーメン

西山ラーメン

豚の骨や野菜などをじ〜くり煮込んだスープは深みとコクのあるスープに仕上がります。

さらにラードを効かして、スープに風味を与えます。

そして、決め手は”味噌!”これら全てがどんぶりの中で絡み合い
マイルドでコクのあるこってりスープが生まれます。

麺が縮れていると何が違うかというと、ウェーブのかかった麺にスープがよく絡み合い口にしたとき麺と麺の隙間からしみ出るスープの旨みと食感が絶品!!

”つやつや”と透き通るような透明感。
弾力もあり、アシ・コシ共に強い麺の食感やのどごし。

やっぱり、札幌ラーメンの魅力は、こってり味噌スープに縮れ麺炒め野菜た〜ぷりのせた”あつあつ”のラーメン!あ〜もう、たまりませんっ!

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。



タグ:ラーメン

石狩鍋

石狩鍋の原型は北海道が開拓される前の先人の時代からあったといわれるくらい古〜い歴史のある料理なんです。

獲れたての魚をぶつ切りにし、野菜を加え昆布で取っただし汁に味噌を加えるといったとってもシンプルな作り。
「いやぁ、今日はしばれるねぇ」
「鍋でもすっかいぃ」
※「しばれる」とは
とっても寒いという意味の北海道弁です。

といわれてする鍋といえばコレっ!!

鍋=石狩鍋と出てきたら
あなたも道産子の仲間入り(笑)
鍋モノのベストセラーですよ。

しかも今回は豪快に鍋にほうりこんじゃってくださいね。

シンプルなだけに海産物、そして野菜などの本来の味が生きるとっても美味しい鍋です。

またバターを加えてコクを出してみるとか、食べ方はいろいろ。
あなた好みの石狩鍋は・・・い・か・が?♪

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。





タグ:

オホーツク番屋鍋

フジテレビ番組「超.V.I.P」のお取り寄せグルメのコーナーに登場した「オホーツク番屋鍋」、その北の幸たっぷりの魅力をご紹介します!

『♪おいらぁの〜海わぁぁぁ〜、今日ぉも大漁ぉぉぉだ〜ぁ!!♪』

番屋鍋とは漁師が番屋(見張り小屋)で作った鍋のことをいいます。

その日獲れた新鮮な魚介類をブツ切りにし鍋でぐつぐつ煮立て、
特製味噌で味を整えたちょっとぶっきらぼうだけど、旨味たっぷりの海鮮鍋です。

海を知り尽くした漁民が海の恵みを生かし、経験と知恵から編み出したこの味付け!!ん〜、ビューティフル!!

心と体が温まる鍋にご家族、そしてお仲間と一緒にお箸をつついてみませんか。

なんといっても土鍋付きなのでとっても重宝っ!!あとはお好きな野菜を入れて召し上がれ!!

カニの甘〜い風味と、口の中に広がるサーモンのウマさ。

最後はやっぱりコレっ!!札幌生ラーメンでしめちゃいましょう。
残った鍋汁にラーメンを放り込んでツルツルすすれば、満腹、満腹♪中身はたっぷり4人前っ!!わぉっ♪

特製味噌タレとの絶妙なハーモニーはまろやかなコクと旨さを倍増してくれます。

ぜひこの海の幸をお楽しみあれっ!!

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。




タグ:

かにしゃぶ

特大サイズのかにしゃぶが新登場です★
大きいので食べ応えバツグン!

こんなビッグサイズのかにしゃぶは

なかなかありませんよ♪どのぐらい大きいかと言いますと、
今回の【3L】サイズは1本約25g!!

ボリュームありますよ♪

旬の時期に水揚げされたズワイガニ(松葉ガニ・越前ガニ)を
鮮度バツグンのうちに急速冷凍!
その品質と美味しさはお墨付きです!

お湯にとおして、ふわっと花が咲いた瞬間が食べごろ。

ぷりぷりの美味しさをお口いっぱいにほおばってください!!
今までにない大きさに、幸せも倍増ですよ〜♪

ズワイガニはカンタンにお召し上がりいただけるよう
殻はむいてあります。だから、殻のむく手間はナシ!

ここで『かにしゃぶ』の調理の説明します♪

1.商品が届いたら自然解凍をする。

2.鍋に水をたっぷりいれて利尻昆布を敷き、沸騰させます。

3.野菜などをいれ、かにをじゃぶっと湯通しして
  特製タレでお召し上がりいただきます。

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。




タグ:

海鮮しゃぶしゃぶ

北海道の漁師町の贅沢海鮮しゃぶしゃぶを、そのままあなたの食卓へお届けいたします。

オホーツク海の新鮮な海の幸を食べやすいスライスに加工してあります。

豪華な7つの海の味を存分にお楽しみいただけます!

本ズワイガニ足棒肉
表面の歯ごたえと中身のやわらかさの違いが食欲をそそる、海鮮しゃぶしゃぶの主役的存在です。
生でなければ味わうことのできないみずみずしい味覚と旨味たっぷりです。

本ズワイガニ爪むき身
さっとお湯に通すと、表面はカニの身がぎゅっとしまり、確かな歯ごたえがあるのに対して、中は柔らかくカニ汁がじゅっと出てきます!

ほたてスライス
刺身でも美味しい生ホタテを贅沢にしゃぶしゃぶに。そのままタレを付けて生でもOK。火を通しても変わらないその肉厚で柔らかい身は、舌の上でトロけてとっても美味。

ほっきスライス
適度な歯ごたえと海にいるかのような磯の香りが、ほっき貝のおいしさの秘密。噛むほどに広がる旨みと香り。ゆっくり噛んで磯の香りを楽しんでください。(大セットのみ)

たこスライス
薄切りのタコを湯通しするときゅっと締まり、口に運ぶとほんのり塩味が広がります。薄切りスライスでも確かな歯ごたえが絶品。
タレを付けなくても美味、タレを付けてもこれまた美味。
お好みの食べ方で召し上がれ。

いかスライス
透き通るような色のイカは新鮮な証拠。こりこりとした歯ごたえがあるが柔らかく、さくっと噛み切れます。湯通しすると綺麗な白になるので、これくらいが食べ頃。柔らかなイカに沢山のタレを付けてつるっと召し上がれ。

磯つぶスライス
湯通しするとふわっと磯の香り広がる生きの良いつぶです。
しゃぶしゃぶでさっと湯通しするだけなので、柔らかいまま食べられます。茹ですぎると硬くなるので注意。本当に一回だけ「さっ」と湯通しが美味しさの秘訣。

ダシ用昆布としゃぶしゃぶ用タレがついています!

新鮮な海の幸を美味しく召し上がれる「しゃぶしゃぶ用タレ」と
ダシ用昆布がセットについています!

お鍋を用意すればすぐに「海鮮しゃぶしゃぶ」が楽しめますよ〜♪

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。


タグ:

オホーツク海鮮船上鍋

こちらの鍋はオホーツクの漁師が船上で獲れたての海鮮素材で楽しむ「船上鍋」のセット。

なんと5種類の豪華海の幸に 、北海道昆布の中でも肉厚で、幅、長さとも大きく、味の良い利尻昆布と鍋用味噌をお付けいたします。

届いたその瞬間から、ご自宅にいながらにして、北海道の漁師鍋をまるごとご堪能できます。

セットに含まれる新鮮な海鮮は 全部一度に満喫できます!

詳しくご紹介させてください!
豪華海の幸5連発です!!

ほろりとほぐれるくらい身が柔らかくなって、
身の中まで鍋のダシ汁が染みるので、味わい深くとっても美味。
特有の臭みもまったくありません。ダシ汁の美味しさの秘密はこのタラです!

タラ同様、煮込むととても柔らかで、ダシ汁が染み込んで美味しいー!サケはほのかに甘みがあり、これがダシ汁ととてもマッチ。ご飯と一緒に食べたい、そんな味です。

中には卵を持った海老がありますが、この卵が絶品。
鍋のダシ汁と甘い卵が絡まって、絶妙の味わい。
海老の身も甘く柔らかで、海鮮船上鍋には海老が必須。

鍋のダシ汁が、カニ本来の甘みを引き立て、とっても奥の深い味わいに。
また、ただ単に茹でたカニと違い、鍋で煮るのでカニの身がぎゅっと締まり、歯ごたえがあり、カニの旨みが逃げません。 噛むたびにカニの味が口に広がります。

貝柱の部分は甘くとても柔らかで、口の中にまろやかにとけていく美味しさです。
帆立の貝ひもは歯ごたえがあり、噛むほどにほんのり磯の香りがする帆立の旨みが広がります。

これを一度にどーんっと!!食べられます!!

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックして下さい。



※お届けイメージです。
タグ:

カニ:エビ

甘えび

●すし屋の味をご自宅で!
あま海老は、その姿が唐辛子なんばんをちりばめたように赤く小さいことから、古来より「なんばんえび」と名づけられました。
通常、北海道で水揚げされたあま海老の多くは本州に運ばれ、東京のすし屋などで並んでいます。おすし屋さんの味をご自宅でお楽しみください。

●海老の中では最高級の味わい
主に北海道沿岸で漁獲され、海老の中では最高級の味わいとされる、「あま海老」は、わさび醤油でお刺身として食べるのが最も美味です。

●舌の上でとろける、粘りのある甘味
身に多く含まれるたんぱく質が水分によって抽出されるので、独特の粘りがあり、このとろみが「甘さ」を強調して感じさせてくれるのです。

最高級の味わいをたっぷりとご堪能ください。

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックしてください。





タグ:エビ

カニ:エビ

タラバガニ

英名「キングクラブ」、かにの王様と呼ばれるタラバガニは、なんといってもそのボリュームに圧倒されます。
「スルッ」と抜けた足は食べ応え満点。

タラバガニの太い足にガブッとかぶりつく様を想像してみてください。

タラバガニの甘みと旨みが、かにエキスたっぷりの汁と一緒にお口の中に広がっていきます。

あの独特な歯ごたえも十分!プリプリの太い身を存分に楽しんでください。

大きいタラバガニを姿盛りで食べる時の楽しみ、それは各部位の食感の違いの妙を味わえること!

もっとも肉質が柔らかくジューシーな部分の足。そして歯ごたえバツグン・ボリューム満点の抱き身(足の付け根の部分)。
かに通を唸らせる引き締まった身をもつシコシコのかに爪。

タラバガニ全体を存分に楽しんでください。

浜で揚がったばかりのタラバガニを活きたままその場で茹で上げ、瞬間凍結。旨みをギュッと閉じ込めました。

タラバガニを見極めるのも茹で上げるのもこの道数十年のベテランの職人さんです。あなたにしていただく事は、自然解凍だけです。

タラバガニは身離れもよく、殻もスルッと簡単に抜けます。
北海道の職人さんによる厳選されたタラバガニ。心ゆくまでご堪能ください。

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックしてください。




タグ:カニ

カニ:エビ

ズワイガニ

ズワイガニは、北陸で採れるものは越前ガニ、山陰で採れるものは松葉ガニと呼ばれますが、要は産地がブランド化しているだけであって全く同じ品種。

ズワイガニは回遊魚のようにあちこちいくものではなく、一箇所にとどまって生育します。ですので、育った海の環境、地形、水質、
水温、餌なんかで形や味に差が出ます。

北陸や山陰はかにが美味しく育つ環境であるということで産地がブランド化しているのです。

同じ1kgサイズのズワイガニを比べた場合、北陸や山陰産のズワイガニ(越前ガニ、松葉ガニと呼ばれる物)は1kgサイズが1万5000円〜4万円。

年末は更に高騰したり、同じ越前ガニの中でもさらに三国港のものは高いなど細かな差はありますが、大体このくらい。

それにくらべオホーツク海域で採れるオホーツク産やロシア産のズワイガニは同じ1kgサイズが3500〜4000円前後。

なんと1/4〜1/10の価格なのです。

オホーツク産はブランド化が遅れていることと、漁獲量が多いため、安値で安定するのです。

※ここで比較している値段は品質がほとんど同じクラスのものを比較しています。

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックしてください。



タグ:カニ

カニ:エビ

毛蟹

蟹を食べ慣れている北海道民に「イチバン好きな蟹は?」と聞くと、もっとも多いのがこの毛蟹。

食べ慣れている者からすると珍しさ、食べ応えよりも純粋に味の好みで判断します。

・・・という事なので、
少なくとも北海道では「毛蟹が最も美味しいと感じる」人が多いと言えます。

毛蟹の身の味は「栗のような少しコクのある甘さ」と言う表現が
もっとも適しているのではないでしょうか?

毛蟹の身は他の蟹に比べ繊細で筋肉質です。
そして「肉汁」よりも「身そのもの」に甘さがあります。

蟹みそについては、さまざまなかにの種類の中でも
毛蟹がもっとも美味しいと言っても過言ではないでしょう。

多くの「美味しかったコメント」にも書かれているように、
かにみそ嫌いの人でも「美味しい!」
と言ってしまうほど当製品はかにみそが自慢!

濃厚な毛蟹のかにみそは、まさに絶品の味わいでトロケル美味しさなのです。
※かにみその色は黒っぽいものからきつね色っぽいものまで、いろいろな色のものがあります。
色の違いはそのかにが何を食べていたかからきます。(つまり生育地により異なります)
キツネ色っぽいほうが甘くてコクがあって美味しいとされています。

本州で一般的によく見かけるかには
「ズワイガニ(産地によっては「越前ガニ」「松葉ガニ」と呼ばれたりしますが品種は同じです)」
だと思いますが、ズワイガニに比べると一般的な毛蟹は小さいです。

もちろん大きめの毛蟹というのもありますが、大きければいいというのではなく、毛蟹は大きすぎると大味になるので小〜中くらいのサイズ(350g〜600g)のものが
身詰まりもよく、かにみそも多く、味も良いとされています。

グルメ気分を味わいたい方は写真をクリックしてください。


タグ:カニ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。